2017年01月04日

香港工業展覧会6月に北京で開催

 2017年は香港祖国復帰20周年を迎える年で、香港中華メーカー聯合会は一連の祝賀活動を展開することを予定しており、その中で半世紀余り運営されてきた香港工業展覧会が初めて北京で開催されることとなった。
 情報によると、香港工業展覧会は2017年6月27日から7月2日まで中国北京の全国農業展覧会で開催される。工業展覧会はすでに香港人と一緒になって成長する活動となっており、北京で開催できるということには特別の意義があり、またこれをもって香港工業の長年来の成果を際立たせることにもなる。
 香港工業展覧会は2004年以来中国本土各地で巡回開催されてきたが、これまでに北京に足を踏み入れることはなかった。
 香港工業展覧会は香港中華メーカー聯合会が1938年に創設したもので、香港で製造された工業製品を宣伝し、工商業の発展を推進し、対外貿易を開拓してきた。毎回の工業展覧会は大型室外展示販売会の形式で本土、香港及び海外からの工業製品を展示するとともに販売してきた。
posted by Voice of China at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

広東香港マカオ工業貿易展広州に上陸

 中国広東省広東香港マカオ協力促進会主催の2016広東香港マカオ工業貿易推進及び展示販売会並びに広東香港マカオカーニバルが初めて広州市に上陸した。展示販売商品にはインテリジェント電子製品、小型家電、玩具、食品、祝日土産品、生活用品等が含まれ、多くの広州市民が参観、ショッピングに訪れている。
 香港特別行政区政府駐広東貿易事務所は香港総合展覧館を設置し、豊富な写真及び立体模型で、さまざまな様相の香港を広州の人々に紹介しており、香港の経済・貿易、観光、文化・創意等の面における状況を市民に理解してもらっている。
 工業貿易展の責任者は、近年本土の経済は勢いよく発展し、膨大な市場を形成しており、香港企業に巨大なビジネスチャンスをもたらしている。本土市民大衆に香港の品質に優れたブランドと商品を普及し、香港製品のイメージを向上させ、広東香港マカオ三地の経済貿易交流と協力をいっそう促進するよう希望すると述べた。
 今回の工業貿易展は面積2万平方メートルで、広東香港マカオ三地の出展企業を含め、展示ブースは200を超えている。展示は12月23日から2017年1月8日まで17日間の会期で広州市天河スポーツセンター南広場で行われる。
posted by Voice of China at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

過去5年で10人近く増加 マカオ特別区の人口

 マカオ統計及び国勢調査局が12月23日に発表した2016中期人口統計の初歩的結果によると、今年8月時点のマカオの人口は65.09万人で、2011年国勢調査の時と比べて10万人近く増加し、増加率は17.8%となった。その内外地雇用要員は過去5年で68.8%増加して10.52万人となった。
 人口構造の面では、男性人口が31.4万人、女性人口が33.46万人でそれぞれ総人口の48.2%及び51.8%を占める。性別比は93.2、即ち女性100名に対して男性は93.2人で、2011年に比べて軽微な増加となっている。
 高齢者の人口は今年8月で5.94万人で、全マカオ人口の9.1%を占め、5年前と比べて1.9ポイント増加、少年・児童の人口は7.79万人で、総人口の12%を占め、比率は2011年とほぼ同じである。
 人口密度は1平方キロメートル当たり2.14万人で、2011年と比べて15.9%増加している。
posted by Voice of China at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

国共両党対話交流活動北京で開催

 中国共産党と中国国民党の両党は12月23日北京で対話交流活動を行い、両党の対話交流のメカニズムをスタートさせた。これは双方が新しい情勢に適応し、両党の交流のプラットホームを改善及び創新する重要な措置であり、今回の活動の重点は両党末端の党間交流、両岸青年と末端組織の交流と両岸民衆の権益保証の3つの議題について対話交流を行うことにある。
 双方は、「92コンセンサス」、「台湾独立」反対の共通の政治的基礎を引き続き堅持し、交流を強化し、両岸各分野の交流と協力を促進し、両岸関係の平和発展と台湾海峡の平和安定を守ることに努力する等について確認を行った。
posted by Voice of China at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

「台湾独立」反対、「92コンセンサス」堅持を 国台弁報道官が発言

 安峰山中国国務院台湾事務弁公室報道官は12月28日に行われた記者会見で、「台湾独立」の分裂勢力について、我々は最大の誠意をもって、最大の努力を尽くして、平和統一の将来を勝ち取る。同時に国家の主権と領土の保全を守る我々の立場は断固として揺るぎないものであり、「台湾独立」の分裂勢力がいかなる形式、いかなる名目をもって台湾を中国から分裂させようとすることも決して許すことはできないと述べた。
 安峰山報道官はまた「92コンセンサス」について、「92コンセンサス」は両岸関係平和発展の礎石であり、もし台湾当局に本当に両岸関係改善の善意と誠意があるのであれば、「92コンセンサス」という共通の政治的基礎に明確に、いい加減な態度を取ることなく立ち戻るべきである。こうすることによって、両岸は初めて接触し、互いに促しあうことができるようになり、両岸関係も初めて改善と発展の空間が持てるようになると述べた。
posted by Voice of China at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

2016年12月26日

一国二制度を深く理解させる 香港中学生カリキュラムに基本法を組み込む

 香港メディア21日の報道によると、カリキュラム発展議会は先月末に修正後の「中学(高校も含む)教育カリキュラムガイド」を採択するとともに、更新について最終提案を行い、香港政府は来年1月にこれを正式に公布することにしており、中高校長に報告会を行い、学校はガイドに従って校内のカリキュラムを審査することが必要となった。報道によると、新しいガイドは中学校の3年間に、15時間(一般中学の授業1コマ40分として約22コマ)の授業で「基本法」を教えることを要求しており、これは香港復帰20年にして初めての「基本法」についての授業設置の要求であり、高校の段階については授業時間の指標は設けていない。
 近年、「中環占拠」と「香港独立」等の違法活動において、少なからぬ香港中高生が参加しており、香港政府は「基本法」に対する教育を鋭意強化しており、これまでに前後して2つの「基本法」中学教材を出している。
posted by Voice of China at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

澳門食卓の「生命線」を保証 珠海拱北税関

 19日早朝6時、中国広東省珠海拱北出入境検査所の「生鮮産品グリーン通路」のゲートがオープンし、新鮮な水産品、野菜、青果、生きた家禽・家畜を満載したトラックが検査場に入り、マカオに供給される生鮮農産品がスピーディに、秩序だって通関を終えてマカオに入った。
 この日の10時30分ごろに、80余台のマカオに供給される新鮮な農産品を積載した車両が珠海拱北出入境検査所の検査を終えてマカオに向かった。この日、400余トン、金額にして40余万ドルの生鮮産品がマカオ市民の食卓をにぎわした。
 珠海拱北税関の責任者は、マカオ復帰17周年記念日が間もなくで、元旦、春節(旧正月)も続いてやってくる。その時期はマカオに供給される産品も多めとなるので、税関は引き続き24時間予約通関の「グリーン通路」を設けてマカオに供給される産品の安全でスムーズな通関を保証すると述べている。
posted by Voice of China at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

一つの中国の原則国際社会のますますの賛同を得る 国台弁報道官が発言

 安峰山中国国務院台湾事務弁公室報道官は21日行われた記者会見において、西アフリカのサントメ・プリンシペ政府が台湾とのいわゆる「外交関係」を断絶したことを発表したことについてどのように論評するのかという記者の質問に答えて、外務省報道官がこの件についてすでに我々の立場と態度を表明している。我々が堅持している一つの中国の原則、「台湾独立」反対の立場は断固として揺るぎないものであり、また必ず国際社会のますます幅広い賛同と支持を得るであろうと述べた。
posted by Voice of China at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

両岸が戦ったら台湾は絶対に得をしない 洪秀柱国民党主席談話

 台湾「聯合報」の報道によると、洪秀柱国民党主席は22日記者のインタビューに応じ、もし両岸が安定していたら、武力に訴える必要はなく、もし両岸が戦ったら台湾は絶対に得をしない。平和だけが将来歩むべき道であることを皆がはっきりと認めることが必要であると述べた。
posted by Voice of China at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]

第20回両岸スポーツ交流座談会台北で開催

 第20回両岸スポーツ交流座談会が台北で開催された。中華台北オリンピック委員会の招きに応じて、楊樹安中国オリンピック委員会副主席を団長とする中国オリンピック委員会代表団一行10名が座談会に出席した。
 座談会において、両岸スポーツ界指導者は2016年度の両岸スポーツ交流の状況を振り返り、2017年度の両岸スポーツ交流活動について協議するとともに、共に関心を寄せる問題について意見を交換した。双方は、両岸のスポーツ交流と協力の良好な局面を引き続き守ることは両岸スポーツ界の共通の願いであり、両岸スポーツ界の根本的利益に合致する。両岸関係の厳しい挑戦に直面して、双方は共通の認識を固め、妨害をはねのけ、両岸スポーツ交流の不断の発展を推進し、両岸スポーツの進歩と両岸同胞の情誼を促進するために引き続き貢献することを確認した。
 座談会に先立ち、両岸のベースボール協会、テコンドー協会責任者がそれぞれ協会間の交流に関する協力覚書に調印した。
posted by Voice of China at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]