2016年11月25日

2016年広東香港マカオ科学技術成果転化シンポジウム深圳で開催

 2016年広東香港マカオ科学技術成果転化シンポジウムが15日深圳で開催された。また、広東アカデミー会員・専門家科学技術成果転化サービスセンターの成立も発表された。
 シンポジウムでは、徐立之中国科学院アカデミー会員・香港科学院創院院長が「香港科学院の成立と香港科学技術発展の展望」と題する主題報告を行った。
 周済・中国工程科学院院長は、広東香港マカオ科学技術成果転化シンポジウムは科学技術成果の転化に焦点を絞っているが、そのねらいは技術チェーンと産業チェーンの効果的なドッキングを実現し、科学技術成果の転移・転化を促進し、産学研の密接な協力を推進することにあり、企業及び産業の創新発展を支持する良好なプラットホームであると述べた。
posted by Voice of China at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177801751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック