2016年12月06日

台湾文芸家が全国文代会に初参加 特別招請代表の身分で

 中国文学芸術界聯合会第10回全国代表大会(全国文代会)が11月30日北京で開催され、台湾地区からやってきた文芸家18名が初めて特別招請代表の身分で会議に出席し、初日のグループ討論において「文化の伝承」と「両岸交流」に焦点を当てて意見の交換が行われた。
 中国文学芸術界聯合会全国代表大会は5年に一度開催されるもので、大会代表は各団体会員の推薦と連合会の特別招請によって構成される。
 11月30日午前、習近平中国共産党中央総書記は開幕式において重要な演説を行い、台湾特別招請代表団はその日の午後の座談会において演説について討論を展開した。
posted by Voice of China at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177952087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック