2016年12月06日

10月の香港訪問旅客低下率狭まる

 香港観光発展局が発表したところによると、10月に香港を訪れた旅客は495万人を超えたが、これは昨年同期と比べて2.4%の減少で、下げ幅は9月の3%と比べてやや収まっている。国際市場からの旅客は1.1%増となっており、宿泊した旅客の増加率は3.1%に達している。
 また、10月に香港を訪問した中国本土の旅客は持続的に減少しており、下げ幅は3.5%に達している。観光発展局の統計によると、今年の1〜10月、香港訪問旅客の延べ人数は昨年同期と比べて5.7%低下、その内本土の旅客の下げ幅は8.2%に達している。国際旅客は韓国、フィリピン及びインドネシア旅客の増加が顕著となっている。
posted by Voice of China at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177952102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック