2016年12月19日

「ポルトガル語諸国製品街」を設置 2017マカオ広州製品展

 中国広東省広州市商務委員会がこのほど発表したところによると、同委員会はマカオ貿易投資促進局と共同で「2017マカオ広州各種製品展」を開催することを予定しており、展示ブースは広州、マカオがそれぞれ半分を占め、2つの展示エリアにはそれぞれ広州「老舗ストリート」と「ポルトガル語諸国製品ストリート」が設けられる。
 同展は2012年に初めて開催されて以来、国内外バイヤー及び市民から歓迎されており、毎年多くの市民が購入に訪れている。
 同展は2017年1月6日から8日まで琶洲保利世貿博物館で開催される。展示総面積は11,300平方メートルで、ブースの数は合計220を数え、広州、マカオがそれぞれ半分を占める。展示エリアでは食品、カバン、日用品、紡織・服装、電子消耗品、工芸品等の多くの市民から好まれている品質の優れた、実用的製品が展示される。
posted by Voice of China at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178098662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック