2016年12月26日

第20回両岸スポーツ交流座談会台北で開催

 第20回両岸スポーツ交流座談会が台北で開催された。中華台北オリンピック委員会の招きに応じて、楊樹安中国オリンピック委員会副主席を団長とする中国オリンピック委員会代表団一行10名が座談会に出席した。
 座談会において、両岸スポーツ界指導者は2016年度の両岸スポーツ交流の状況を振り返り、2017年度の両岸スポーツ交流活動について協議するとともに、共に関心を寄せる問題について意見を交換した。双方は、両岸のスポーツ交流と協力の良好な局面を引き続き守ることは両岸スポーツ界の共通の願いであり、両岸スポーツ界の根本的利益に合致する。両岸関係の厳しい挑戦に直面して、双方は共通の認識を固め、妨害をはねのけ、両岸スポーツ交流の不断の発展を推進し、両岸スポーツの進歩と両岸同胞の情誼を促進するために引き続き貢献することを確認した。
 座談会に先立ち、両岸のベースボール協会、テコンドー協会責任者がそれぞれ協会間の交流に関する協力覚書に調印した。
posted by Voice of China at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178179443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック