2017年01月04日

国共両党対話交流活動北京で開催

 中国共産党と中国国民党の両党は12月23日北京で対話交流活動を行い、両党の対話交流のメカニズムをスタートさせた。これは双方が新しい情勢に適応し、両党の交流のプラットホームを改善及び創新する重要な措置であり、今回の活動の重点は両党末端の党間交流、両岸青年と末端組織の交流と両岸民衆の権益保証の3つの議題について対話交流を行うことにある。
 双方は、「92コンセンサス」、「台湾独立」反対の共通の政治的基礎を引き続き堅持し、交流を強化し、両岸各分野の交流と協力を促進し、両岸関係の平和発展と台湾海峡の平和安定を守ることに努力する等について確認を行った。
posted by Voice of China at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178280475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック