2008年01月12日

中国、今年ロケット15基、衛星17基と宇宙船1基の打ち上げを計画

黄強中国国防科学技術工業委員会秘書長が明らかにしたところによると、中国の2008年宇宙計画ではロケット15基、衛星17基と宇宙船1基が発射される。
同氏は同時に、建設中原子力発電の工事に力を入れて取り組むと同時に、今年はまた福建省寧徳、福清と広東省陽江の3つの原子力発電プロジェクトの建設を始めると強調した。
 国防科学技術工業委員会の最新データによると、中国最初の自主的知的財産権を有するジェット式支線旅客機ARJ21は現在までにすでに171機の発注を獲得している。
 データは同時に、中国の民間造船業も発展が急速で、2007年の新規受注は7000万積載重量トンで、手持ちの受注は1.3億トンを超過し、前年同期比それぞれ70%と90%増で、新規受注量は韓国を抜いて世界一となったことを明らかにしている。
posted by Voice of China at 11:22| Comment(1) | TrackBack(0) | [政治・経済]
この記事へのコメント
宇宙カプセルはデザインがいろいろ考えられる 丸四角三角サッカーボール昆虫動物魚鳥などなど開発すると面白いかもしれない 機能もテレビラジオ倉庫パソコン宇宙食電話ソーラーパネル洗面台ベットなどなどいろいろ考え宇宙生活が楽しいかもしれない
Posted by 増田二三生 at 2008年02月11日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9390988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック